9月 14th, 2018

仕事に趣味と忙しい毎日を送っている方におすすめしたいアプリをご紹介します!

・adobe

滝.jpg

気に入っているアプリはadobeから出しているadobe captureです。
画用紙に書いた絵を読み取るだけでillustratorに取り込まれて、編集することができます。
また、別のadobeから出ているアプリとの互換性も良いので、スマホ一つで編集することができます。captureは絵を描いたりと言うことができませんが、別のアプリを利用すれば色を付けたり、絵を修正することができます。描いた絵だけではなく、線がはっきりしていれば、写真などからも取り込むことができます。

それまではillustratorを使用していて、上手く描けないということが多々ありました。
手描きのイラストをillustratorに取り込みたいときは、スキャンして、それをillustratorに画像として配置。画像をロックして、その上からペンタブやマウスを利用して描いていました。

最近はクリップスタジオなどの簡単に絵が描けるツールもあるので、illustratorを辞めようかなと思いました。ただ、captureはアナログで描いた絵をillustratorに簡単に取り込めるので、他のツールの必要性を感じなくなりました。
多少線の印象は変わるものの、それもillustratorに取り込んだ後で編集することも可能です。

動作も簡単で、今までいちいちスキャンして~とやっていた作業が単純化されたので、とても作業がスムーズになりました。短時間で描くことができ、また手書き風の良さを残すことができるので、表現したいことがダイレクトに作れるようになったと思います。こういう感じの絵柄が描きたい!と思った時に、参考にcaptureで取り込み、illustratorでオリジナリティを出したりすることもでき、とても役に立っています。

他のアプリでも画像を取り込んで編集することは可能だと思います。むしろ、もっと優れているアプリはたくさんあると思います。ただ、一番の良さはadobe公式のアプリと言うところだと思います。無料で利用することができ、illustratorだけでなく他のツールとの互換性もあるので、adobe製品を利用している人にとってはとっても便利なアプリだと思います。スマートフォンだけで完結できるという点も他のアプリに負けていない点だと思います。

captureはちょっと重いので、もう少し軽いアプリだと嬉しいです。また、アナログの絵を取り込むと印象が違うということもたまにあります。手描きの絵の雰囲気を変えないで取り込めればもっと良いのかなと思います。他のアプリを利用すれば色が付けられたりするのですが、captureだけではできません。全部できるようになれば、もっと使い勝手が良いのかなとも感じます。加工したりということになると、別アプリが必要になります。簡単な加工がもう少しできれば面白いのかなとも思います。

最近の記事
Yahooブラウザ
2chまとめアプリ
Yahoo!乗換案内
iReal Pro
line camera
ページ
カテゴリー
アーカイブ
2018年 09月